TOP >サポートの実績と経験
サポートの実績と経験
土地は活用せずに、更地の遊休地でおくと、固定資産税や相続税など驚くほどの税金がかかります。
駐車場経営でも節税のメリットはあまりありませんが、賃貸等になると大きな節税効果が期待できます。

高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみの世帯が増加しており、住宅の供給は欧米各国に比べて立ち後れているのが現状です。介護事業への土地活用は、こういった住宅(サービス付高齢者向け住宅や有料老人ホーム)や様々なサービス形態の施設(グループホームなど)の供給の手助けとなり、高齢者の居住の安定を確保することができます。

商業施設等で無いため、集客を見込める土地等でなくとも対応できます。 また、住居がベースのため商業施設のような利益の変動に左右される事が無く、安定した収入が見込めます。

土地は所有しているだけでは不良資産になることもあります。
高齢者施設を建築することで、土地や家屋(建物)の相続税の節税効果が期待できます。

幹線道路に接している土地であれば、駐車場付きの大型店舗やファミリーレストランなどのロードサイド店舗になる、定期借地方式の採用などにより、投資とリスクを抑えた活用が可能となるメリットがあります。
住居に向かない立地でも商用ビルならば建築も可能ということもあります。

土地は所有しているだけでは不良資産になることもあります。
事業用店鋪を建築することで、土地や家屋(建物)の相続税の節税効果が期待できます。

景気に左右されることが少ないため、安定した収入が長期的に見込めます。
また地域性にも大きく左右されません。

土地は所有しているだけでは不良資産になることもあります。
固定資産税が6分の1、都市計画税が3分の1に減額されるほか、所得税や相続税対策にも有効
・入居率が安定して返済負担が少なくなれば、コストを大きく上回る収入が見込めます。

ちんたいの窓口

1LDK特集

ペット可特集

新築・築浅

デザイナーズ

今月のおすすめ物件

オーダーメイド賃貸

よくある質問

賃貸用語集

四つ葉のクローバー